So-net無料ブログ作成

F組三国志 16-2 [F組三国志 16 谷口あやか]

うわ~、大学って…、高校とは建物もずいぶん違うんだな~。
う~ん、大学か~。
自分の進路もこれから考えなくちゃいけないのよね。

え~っと、ここが今日の会場なんだ…。
受付で五百円出してと…。
この五百円が活動資金の一部となるのね。
ふふ、今まで省吾さまにしていただいたことを考えたらずいぶん安いと思うな。

うわっ、広い!
大講堂。
今日何人集まるの?
もう席がかなり埋まってる…。
あっ、美咲さまだ。
今日は一段と大人っぽい。

「おはようございます、本日はお忙しい中ありがとうございます。
わたくし本日の進行を務めさせていただきます、秋山美咲ともうします、よろしくお願いします。
開始まで、今しばらくお時間がございますが、ネット等でご案内させていただきました通り、チェロとピアノのデュエットを楽しんでいただけたらと思います。」

そうか、演奏目当てで早めに来てる人も多いってことなんだな。

「サン・サーンス作曲、動物の謝肉祭より白鳥、および白鳥の主題による変奏曲、チェロ黒川淳一、ピアノ舘内亜美でどうぞ。」

うわっ、亜美ったらかわいいドレス、淳一くんもなんかかっこいいなぁ~。

えっ…、えっ…。
こんな…。
クラシックってあんまし聴いたことなかったけど…。
あれっ? なんか涙が…。

あ~、終わっちゃった…。
静かになった…。

あっ、拍手。
うわ~、すごい拍手だ…。

省吾さまが出てきた…。

「みなさん、おはようございます。」
「よっ、リーダ~!」
「ははは。」
「まずは、二人にもう一度拍手を。
淳一、亜美、すばらしい演奏ありがとう。」

うん、ほんとうにすばらしかった。
鳴り止まない拍手ってことは、会場のみなさんも感動したってことなのかな。
あっ、舞台そでの美咲さまに照明があたった。

「それではチーム赤澤設立総会を始めさせていただきます。
まずはチームリーダー赤澤省吾からご挨拶させていただきます。」

「赤澤省吾です。
本日は大勢の方々にお集まりいただきまして有難うございます。
今は、嬉しさと共に緊張感が高まっています。
え~、まずは…、ネット等で今後の予定など色々紹介させていただいでおりますが、その中から少し紹介させていただきます。
先ほど演奏してくれた黒川淳一、舘内亜美のCDアルバムの作成販売が決定しました。」

わ~、すごい、二人でCD出すんだ。
でも簡単に出せるものなのかな~。

「録音はレコーディングスタジオではなく黒川淳一の自宅で、音響工学の実験も兼ねてとなります。
ピアノを囲む形で、室内に仮設のスタジオを作って収録します。
ここのピアノとはまた一味違った年代物の素敵なピアノの音色を楽しんでいただけたらと思っています。
音源はCDだけでなくレコード盤の形でも販売させていただきます。
CDだけならCDの売上で制作費を回収できると思っていますが、あえてマニアックなレコード制作、販売に踏み切ることにしたのは、プロジェクト梶田、ご存じの方も多いと思いますが、一企業の再生を目指す我々の取組、そこから派生して誕生した工房プロジェクトの第一弾という意味合いもあります。
薄利多売と真逆、一つだけでもオーダーメイドで作ります、が工房プロジェクトの売りです。
そのサンプル的な意味あいも込めて、個人でも趣味の範囲でもCD作れます、少しお高くなりますがレコードだって作れるんです、ということです。
さらにCD、レコードの制作販売はその過程を地元テレビ局と共同で映像として記録しテレビで紹介していただいたり、DVDにして残す予定となっています。
そして、このプロジェクトをきっかけに株式会社設立も決定しました。」

えっ?
株式会社?

「チーム赤澤は営利目的ではありません。
しかし大きな目標として掲げている、今まで大人たちが作ってきた枠組みに囚われない心で、明日の日本を考えていこう、ということを実践していく過程で、実験的実習的に会社を設立してみよう、また就職難の時代だから自分たちの手で就職先を作るという意味合いもこめて設立を決定しました。
今後、非営利のチーム赤澤と、しっかり社員に給料を払った上で株主配当も出せる、営利を目的とした株式会社という二つの組織が平行して動いていくと考えて下さい。
株式会社は、我々がきちんとした企画を出すことができれば、現時点で資本金六億円ぐらいの目途が立っています。
それは現時点で立ち上がっている様々なプロジェクトに対して多くの方々が色々期待して下さっているからです。
それに応える活動を皆さんと共にと思っています、よろしくお願いします。」

資本金六億円と言われても…。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0